驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)…晴れて今や東大院卒三交替会社員の名をほしいままに

自分の見たアニメを整理する回:10

とうとう二桁です。

 
ウィッチクラフトワークス

f:id:weaverbird:20180213050054p:plain
ある種の文化的転換点なのかもしれないと個人的には思う。
これまでのロー・ファンタジーやエブリデイ・マジックといった世界観ではあまり見た覚えのない「女の子が男の子を救う物語」。高身長スタイル抜群な学校のマドンナ(CV.瀬戸麻沙美)は、実は魔法使いだったのです…から始まり、か弱い主人公男子(CV.小林裕介)の窮地を女の子が救う救う。「強い女性像」と「それを支えるかけがえのない男性像」という構図としてここまで鮮やかな例をアニメで見た事が無かったので、当時は大変面白く見せてもらった事をよくよく覚えている。今考えなおしてみると、「男主人公の方が強い」という固定観念に一石を投じる作品であったのかなと思う。Kindleで原作漫画を読み返してみよう。

スペース☆ダンディ

f:id:weaverbird:20180213050911p:plain
テキトーづくりのテキトーな雰囲気の作品が想像以上に面白いという流れの中に位置しているのかなと思う。内容はとにかく明るいのか何なのかよくわからない宇宙SFの世界観、ギャグとも何ともつかないよくわからない話が繰り広げられるが、毎回脚本がよくできているのか何なのか割と見切ってしまう。

ノラガミ
「ノラガミ」の画像検索結果
スタイリッシュでクールなOPに始まる戦いの物語。日本神話~土着の民俗~仏教における割と色んな神様が色々な形で擬人化されていて、人間の心の隙に付け込み人々を狂わせる気味の悪い怪物たちと戦う。OP曲がかっこよすぎてその印象がかなり強い。
いつも通り妖怪とか関連の話には毎回出てくる神谷浩史が主演であり、内田真礼をヒロインに、梶裕貴をサブ主人公、沢城みゆきをライバルに据えるという声優キャスト的にはめちゃめちゃ豪華な作品。

バディ・コンプレックス
「バディ・コンプレックス」の画像検索結果
個人的に大好きだった作品。松岡禎丞内山昂輝の二人をダブル主人公(アッー!)に据え、運命のヒロインをはやみん、抜群のヤバさで迫る敵キャラを櫻井孝宏という盤石な体制で作り上げるロボットアニメ。バディという二人組で操縦するロボットで戦うという、かつての「GEAR戦士電童」とかを思い出す感じのロボットアニメであるが、話の筋書きは時間SFという入り組んだ設定なので飽きない。
最初の方にちょろっと登場して以降姿を消し、中盤以降予想外な形で登場する運命のヒロインであるヒナが可愛いので、はやみん病患者だったらそれだけで最後まで見るに値する。はやみん病患者でロボットアニメ愛好家ならば一夜で全話見ても良いんじゃないか。

ハマトラ THE ANIMATION
なんか異能を持ったトラブルシューターが頑張る系だったような気がするんだけと、内容が全然思い出せない。とりあえずOP曲がkz(往年の伝説のVOCALOID作曲者の一人)作曲でかっこいい。

未確認で進行形
「未確認で進行形」の画像検索結果
この作品見た時は照井君がここまで成長するとは思わなかったなあ。何かとりあえず三人の女の子が頑張る話…だったような気がするけどこれも決定的に内容を覚えていない。

 

魔法戦争
「魔法戦争」の画像検索結果
え?どうなった?なにこれ?
としか言いようがない謎の展開で打ち切りのように終わってしまった伝説の破滅アニメ。途中まではまあ分かりやすいライトノベル展開だが、中盤以降意味不明になってゆき、最終話では本当に完全に意味不明な形で物語が終わる。

鬼灯の冷徹
関連画像
今に至るまで続く人気ギャグ作品である。クールで冷徹なツッコミの効いた主人公(CV.安元洋貴)が地獄で繰り広げるドタバタギャグコメディであるが、放送時期に沿って時事ネタやら他作品のパロディやら色んなものを片っ端からぶち込んで縦横無尽な地獄コメディを繰り広げてくれるので見飽きない。

桜Trick
「桜Trick」の画像検索結果
第一話でいきなり女の子同士で熱いキスを交わし始めたので、「ああ…そういう系統の作品か」と思いそれ以降見てない。多分というかほぼ間違いなくキマシタワー作品。