驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)

独断と偏見の塊による、声豚による声豚のための入門分類:女性声優編2 「お姉さん、少年、ボーイッシュ、つまり内山夕実」

クールで特殊なボイスを中心に第二弾。

 

f:id:weaverbird:20161129075815p:plain


では次はクール・特殊ボイス型の人を紹介していきます。アニメらしいクールでカッコいいボイスの持ち主というのは意外にもそんなに数がいなくて、各人の個性が際立ちます。

 

井口裕香さん

f:id:weaverbird:20161128113856p:plain
(かなり分類に迷った:可愛いタイプ+クールタイプ)
・画像は「とある魔術の禁書目録」より「インデックス」
非常に分類に悩んだがここで。可愛らしい感じの基礎ボイスに加えてクールで低い大人の女のボイスの二通りを出せる声優であるが、昨今では「可愛くて寡黙」など可愛さとクールさを併せ持つようなニッチキャラはほぼ確実にこの人が演じていると言っていい。昔はその可愛らしいボイスで可愛い系キャラ無双していたが、可愛い系女性声優が無限増殖し始めた時代に一人コツコツと演技の幅を広げ、クールで寡黙なキャラなどを演じられるようになった。昨今では年齢相応にセクシーな女性の演技なども身に着けており、成長性の高さで目が離せない声優の一人である。

 

伊瀬茉莉也さん

f:id:weaverbird:20161128114519p:plain
(明るく快活タイプ+クールタイプ)
・画像は「アーシャのアトリエ 〜黄昏の大地の錬金術士〜」より「ニオ」
明るく快活な小さな女の子という感じの通常ボイスに加え低くハスキーな低音ボイスを持つ。ストイック役者型みたいなタイプのお人で、演技には妥協を許さない性格らしい。実際どのキャラクターも彼女個人の役者としての色というよりはキャラクターの色がばっちり出てくるキャラが多く、聞いている側としても本当にそのキャラがそこにいるかのような抜群のキャラ感を与える。が個人的にはそのボイスの独特さがかなり好きだったりする。

 

植田佳奈さん

f:id:weaverbird:20161128114942p:plain
(お姉さんタイプ+クールタイプ+独特ボイス(鼻にかかる))
・画像は「Fate/stay night」より「遠坂凛
演じるキャラ、中の人ともに凄い美人の凄いお姉さんで有名であるが、同時に中の人は性格がちょっとアレで男勝りな事でも有名なゲーマー声優。鼻にかかったような非常に独特のボイスの持ち主であり、演じるキャラの殆どがお姉さん・ツンデレ・クールとなる。また余談であるが演じたキャラのツインテール率が多分声優業界トップであり、この人が演じるキャラの髪型がツインテールじゃなかった作品は一つぐらいしか見たことが無い。

 

福圓美里さん

f:id:weaverbird:20161128115648p:plain

f:id:weaverbird:20161128115718p:plain
(演技幅すごいタイプ)
・画像は「ストライクウィッチーズ」より「宮藤芳佳」及び「ジョジョの奇妙な冒険」より「イギー」
犬声優でありウィッチであり元祖「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」。綺麗で透き通っていながら同時に力強い声の伸びを感じさせるボイスの持ち主で、演技の幅は少女から犬までと尋常じゃないぐらい広い。かなり何度か聞かないと福圓さんだと分からないぐらいキャラに入り込むタイプの役者であり、声もそれほどメチャメチャ個性があるほうではないが、それを強みとしてどのキャラも完璧に役にはまり込んだ演技を披露してくれる。

 

内山夕実さん

f:id:weaverbird:20161128120158p:plain
(ホーイッシュ女子タイプ+独特ボイス(ボーイッシュ))
・画像は「結城友奈は勇者である」より「犬吠埼 風」
苦労人声優で、一度声優としての夢をあきらめて会社員になったあと再度夢にチャレンジして大成したとかいう苦節の歴史を持っている。最初期はあまり印象に残る声優ではなかったが、結城友奈は勇者である」で見せ付けた凄まじい鬼気迫る本気の演技で視聴者の度肝を抜いたことが未だに鮮烈に記憶に残っている。あれを聞いたときに初めて「この声優さんは内山夕実さんと言うのか…こいつはすげえ新人だな…」とその名を認識した。当作では殆ど主役の照井くんを抜いて抜群の個性と凄まじい演技力を発揮していて照井くんがかわいそうになるぐらいだった。
その声はボーイッシュながらも女の子らしさを残したかなり特徴的なボイスであり、男勝りな女キャラを演じるともう完璧すぎるぐらい完璧なボーイッシュ女子像を作ってくれる。カッコいい。今の所ボーイッシュ女子またはそれっぽい男勝りな傾向を持った女の子をメインに演じており、今後どのように演技の幅を広げて進化していくかが非常に気になっている。

www.nicovideo.jp

聞く者全てに凄まじい苦しさと絶望感を与える鬼のような演技はこの動画からどうぞ。何度聞いても内山夕実の凄まじい演技に心痛がすごい。 普段は明るくてチャーミングで勝気な女の子がこんな声を上げて泣きながら怒り狂っていたら、誰しも圧倒されて声を出せなくなるだろう。
内山夕実。声に取り立てて大きな特徴があるというわけではないが、演技への熱量が凄まじすぎて本気で圧倒されるような演技をこの作品で見せた。ここまで苛烈で爆発的な熱量をもった演技ができるという点で、新人声優ながらベテランたちに勝るとも劣らない演技のポテンシャルを持った声優であり、その熱さが本当に心から大好き。個人的に今最も応援したい声優トップ。

 

沼倉愛美さん

f:id:weaverbird:20161128121228p:plain

(可愛いタイプ+クールタイプ)
・画像は「蒼き鋼のアルペジオ」より「タカオ」
分類にかなり迷ったがここで。可愛らしいボイスながらその地声は低くクールな方向に偏っており、その特性を生かしてのツンデレキャラなどがばっちり映える。天才ルーキーの御多分に漏れず可愛らしく色っぽいボイスと低くムスッとしたボイスを使い分けられる人であるが、どちらの声も可愛い。沼倉くんのボイスは聞けば聞くほど中毒になる。今後可愛いボイス以外の演技をどう身に付けていくかが気になるルーキー。

 

三瓶由布子さん

f:id:weaverbird:20161128121805p:plain
(男の子タイプ)
・画像は「亡念のザムド」より「ナキアミ」
ほぼほぼ男キャラしか演じないぐらい少年ボイスであり、その最たる例ではエウレカセブンレントン少年などが有名であるが、画像では敢えて珍し女性キャラであるナキアミを選択した。ボイスはほぼ少年で少年と言ってしまえばもう殆ど説明が終わってしまうぐらい少年なのだが、同時にハスキーで低く通る女性ボイスという側面を隠し持っており、上記のナキアミというキャラではその低くハスキーなボイスを生かして骨太で強い女を見事に演じ切った。

 

田村睦心さん

f:id:weaverbird:20161128122235p:plain
(男の子タイプ)
・画像は「ヨルムンガンド」より「ヨナ」
三瓶由布子競合型少年ボイスだが、三瓶由布子と比べると僅かに声が低い(?)気がする。実際かなり似ていて、かなり聞き比べないと分からないが、こちらの方がより男の子らしい声だったりする。今の所某ギャグアニメ以外では大体男キャラだが、今後どのようなキャラクターを演じてくれるのか期待。

 

浅川悠さん

f:id:weaverbird:20161128122548p:plain
(お姉さんタイプ+エロいタイプ+クールタイプ+独特ボイス(クール・吐息))
・画像は「アマガミSS」より「塚原ひびき」
胸原先輩塚でけえ!とか榊さんとか某魔界騎士とか、とにかく背が高くてスタイル抜群でクールでエロくてカッコよくてどこか可愛げあるお姉さんを演じさせるとこの人の右に出るものがいない。妙に息の多いセクシーで大人っぽい色っぽいボイスをしており、クールで物静かなお姉さんからキャッチーでエロいお姉さんまで、とにかく「お姉さん」を演じるともう最高すぎて耳が溶ける。何でアマガミには塚原先輩ルートが無いんですか!?(憤怒)
正統派のお姉さん演技でも正統派ではないちょっと変わったお姉さん演技でもとにかくお姉さんはこの人に演じてほしい。個人的に大好きな声優さんの一人。

 

白石涼子さん

f:id:weaverbird:20161128123005p:plain
(ボーイッシュ女子タイプ+独特ボイス(鋭い))
・画像は「偽物語」より「影縫余弦
ボーイッシュで鋭い声ながら、独特の色っぽさを持った声が特徴。少年主人公キャラを演じる一方で、鋭くクールな性格のお姉さん、また柔らかくて素敵なお姉さんまで、少年&お姉さん方面に演技の幅を持ち、キャラごとに様々な声色を使い分ける。最近聞く機会が少なくて悲しい。

 

水樹奈々さん

f:id:weaverbird:20161128123413p:plain
(クールタイプ)
・画像は本人
まあ紅白歌手だし本人画像出してええじゃろ、という適当判断で本人画像を記載する。あんまりdisると信者に猛攻撃されるので控えめに留めるが、最初期は控えめに言っても声優としての演技力はあまり無い。が何年か経過する中で信じがたいほどの演技力を身に付けるようになり、今ではクールで気骨ある女子キャラをバッチリ演じられるだけの能力が身についているが、演技能力が向上してゆくに従って紅白歌手とか芸能人としての活躍が忙しくなったため、成長した奈々様のボイスを聞けるチャンスは実はあんまりない。

 

日笠陽子さん

f:id:weaverbird:20161128123834p:plain
(クールタイプ+独特ボイス(きれい))
・画像は「けいおん」より「秋山澪
けいおん」で一気に名を挙げたけいおん世代声優の筆頭格の一人。そのボイスはどっかのお嬢様かと勘違いするほどのクールかつ上から目線な感じの漂うキレイ系ボイスの殿堂であり、実際にお嬢様キャラとかを演じるとばっちり映える。と同時に少し声のトーンを低くしてハリのある女の子の声を出すことも可能であり、したがって「お嬢様育ちだが主人公級」みたいなキャラをやると完璧にキャラクター像を作ってくれる。

 

川澄綾子さん

f:id:weaverbird:20161128124252p:plain
(独特ボイス(おしとやか))
・画像は「Fate/stay night」より「セイバー」
セイバーの声の人と言えば大半のオタクに通じるぐらいセイバーがハマり役だった。きわめておしとやかで和服が似合いそうな感じのボイスというか、高い声ながらも気品と節度に満ちた落ち着いた声である。声が結構独特でセイバーの印象が強すぎる事もあり、他の作品であまり耳にすることが無い印象を受けるが、実は色んな作品で色んなキャラを演じている。

 

皆川純子さん

f:id:weaverbird:20161128124622p:plain
(ハスキータイプ+独特ボイス(ハスキー・吐息))
・画像は「ARIA」より「晃・E・フェラーリ
非常に低いボイスでハスキーながら非常に色っぽいボイスの殿堂。浅川悠とボイスの系統は似ているが、こちらの方がより大人の女らしい落ち着いたボイスである。最近聞く機会が少なくて悲しいが、未だにARIAを見返すとカッコよくて落ち着いていて姉後肌の先輩である晃さんのカッコよさに惚れ直す。