読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)

自分の見たアニメを整理する回:6

アニメ

いい加減に前書きを書くのもだるくなってきたのでさっさとアニメの紹介へ。

 

 

琴浦さん

f:id:weaverbird:20161022200048p:plain
快進撃を続けるイカちゃん&ハナザーさんに加え、流星のごとく現れた独特の声色を持つ男、福島潤(福山潤ではない)がいい味を出している。内容的にはサトリ的な能力を持った少女である琴浦さん(CV.イカちゃん)が福島潤演じる主人公との交流で閉じていた心を開いてゆき、超能力を研究する部活だかサークルだかに巻き込まれて心を開いてゆく…という学園モノの定番みたいな内容だが、作りが非常に丁寧なので安定して面白い。

 

RDG レッドデータガール

f:id:weaverbird:20161022200538p:plain
早見沙織が主人公でキャラクター原案が岸田メルとかいう段階で萌豚ならば見ずにはいられない。が、内容は殆ど覚えていない。とにかく巫女服の女の子に凄いパワー的サムシングが秘められていて、それを開眼させて何とか。

 

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス

f:id:weaverbird:20161022200832p:plain
個人的には非常に高評価。二期マダー?
全編3Dによるロボットバトルとか言うと後期高齢者みたいな江戸時代並みに古臭い手書きロボットアニメ至上主義者からは猛烈に攻撃されるが、実際そんな事どうでもよくなるぐらいバトル描写がちゃんと作られていて面白い。

f:id:weaverbird:20161022202032p:plain
それぞれのロボットにちゃんと愛が感じられるデザインが備わっており、ギミック的な意味でも「あーこのデザインやってる人ホントロボット大好きなんやなあ」と感じられる可変機構やら武装やら色んな物が全て3Dデザインでグリグリ動く動く動く!

f:id:weaverbird:20161022202112p:plain
爆乳をコックピットのパーツに押し付けながら戦うキャラ(CV:井口裕香)とか、単なるロボットだけを見て作られた作品ではなく、如何にもアニメファンの大好物であるキャラクター一人一人の魅力をこれでもかとアピールしてくる辺りにも工夫が感じられる。
そのほかストーリー的な意味でも、最初は落ちこぼれの集いでしかなかったチームが一人一人の弱点を補いあって克服し成長してゆくことで最終的には強大な敵にも立ち向かえるチームになってゆくという、正統派の熱いチームシナリオが書かれていて良い。
また声豚的な観点から見ると、本作は声優&俳優の混成での配役がなされており、アニメらしい演技を聞かせてくれる井口裕香とか日笠とかがいる一方で、より演劇的な演技を聞かせてくれるようなキャラクターもいたりして、耳で聞いていても楽しめる。
最近のロボットアニメで何かないかと聞かれたら間違いなくこれを推すぐらいには面白い。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

f:id:weaverbird:20161022201808p:plain
パッと見ただの「女の子いっぱい」な話にしか見えない。このやけに長ったらしいタイトルしかり、可愛い女の子のキャラクターデザインしかり。しかしそれは表面的な誤解に過ぎないという事が一話を見れば分かるだろう。

f:id:weaverbird:20161022202450p:plain
この見るからにモブキャラっぽいデザインの主人公(CV:江口拓也)の性格は滅法悪い。「あーいますよねーいますいますーリアルにもこんな人いますわー」と納得してしまいそうになるぐらい性格が悪い。

f:id:weaverbird:20161022202635p:plain
が、この主人公、通す所では一本筋を通すだけの道理を持った男であるため、性格最悪で周囲の人々から散々嫌われている一方で、ひょんな事から同じく難儀な性格の孤高の美女である雪ノ下 雪乃(CV:はやみん/上図左)と由比ヶ浜 結衣(CV:東山奈央/上図中央)ととある事をきっかけに友達になってしまう。
しかしこんな美少女が二人も友達になったというのに主人公の性格の悪さは健在!一時は二人の美少女から好意を寄せられるも、そこから最悪の形で逃げ続け、二人と向き合おうともしない主人公はいつしかまた冷たく独りぼっちの世界へと孤独に戻ってゆく。
若者同士の人間関係における特有の「あるある」が山ほど描かれている。その中でも特に、感情同士のぶつかり合い、憎み合い、すれ違いによる仲違い、といったような苦々しい人間関係の部分がよくよく緻密に描かれていて、なるほどと思わされる心理描写は非常に多い。

一期ではキャラデザも適当で簡素だが、二期になって予算が増額されたのか何なのか、緻密なデザインのキャラクターがくるくると綺麗に動き回る。二期は作画アニメとしても画がきれい。
ライトノベル原作ではあるが、その実若者達の青春&心理モノとして非常に出来が良い。侮るべからず。

余談だが雪ノ下 雪乃のキャラクター造形やその他いろいろな所で化物語をリスペクトしているのではなかろうかという描写が見え隠れする。いや化物語とは全く違う話なのだけれど、特に雪ノ下 雪乃の人物造形は戦場ヶ原ひたぎに重なって見える部分が非常に多かった。

 

DEVIL SURVIVOR 2 THE ANIMATION

f:id:weaverbird:20161022203820p:plain
ヤスダスズヒトデザインのキャラだーわーエロいー、という事以外にさっぱり何一つ覚えちゃいない。良くも悪くもヤスダスズヒトのキャラクターは太ももとか二の腕とかフェチ心に満ち溢れすぎていて、変な所でエロいのである。

 

はたらく魔王さま!
f:id:weaverbird:20161022204057p:plain
逢坂良太という声優を初めて認識するに至った作品。とりあえず東山奈央キャラはいつも通りエロいので安心。これも「魔王」というキャラクターを単なる悪役ではなく、コメディの主人公として描くところに新しさがあったのだとは思う。とりあえず非常に面白かった覚えはあるけれど、あまり印象が無い。

 

デート・ア・ライブ

f:id:weaverbird:20161022204440p:plain
ハーレムファンタジーここに極まれりみたいな内容なのでどうにもならないが、とりあえず井上麻里奈を愛でるマリーナ作品群のうちの一つと捉えておけばどうとでもなろう。

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

f:id:weaverbird:20161022204715p:plain
ハーレム&ツンデレ妹アニメここに極まれりみたいな極地。それ以上に言うことが無い。とりあえず竹達彩奈伝説がここから始まったという意味では重大な歴史的価値を持つ作品ではあるが、私個人としては竹達彩奈さんがどうしたとかそんな事はどうでもよくて、とにかく綾瀬(CV:はやみん)だけを見ていたい。