驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)/晴れて今や東大院卒三交替会社員の名をほしいままに

生き方

意識は低く広く、流れるように:最終夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版の最後の短文です。 私は最初から最後まで意識高い系が嫌いですが、と言いつつも色々な人から「いや、お前の意識は死ぬほど高い」とよく言われます。自分が嫌いな物に自分がなっているというのは実際物凄…

意識は低く広く、流れるように:第三夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色んな事に同時並列で取り組んでいると「中途半端」になるのは実際問題として事実です。ですが、中途半端であることは実は何か一つの分野の事しか知らない事よりも遥かに強い事であると私は信…

意識は低く広く、流れるように:第二夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色々な物に興味を持ち続けるというのは、簡単なことにみえてとても難しい事です。それはこの日本社会においては「一つの物に取り組む」という事が社会的に推奨され、「複数の物事にたくさん取…

意識は低く広く、流れるように:第一夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版です。 …よく「どうしてそんな風に考える」と色んな人に言われます。ある人は驚きと称賛の入り交じった目でそう言いますが、別のある人は侮蔑の目を向けてそう言います。まあ当然っちゃ当然なんですが、…

ぜいたくの意味論

私も人間なので、欲望というものがあります。 よりおいしいものが食べたい、より広い家に住みたい、よりたくさん本が読みたい、よりのんびり生きていきたい。…まあつまるところ、より良い生を送りたくて仕方がないわけです。 特に今現在のようにブラック的労…

私の見ていた世界

すごいなこれは。ちょっと流石に自分で笑ってしまった。就活でよくやったじゃないですか。「自分の人生を折れ線グラフで書き表してみてください」みたいな奴。アレを今やったらどういう感じになるんだろうと思ってやってみたら、中々エキセントリックなグラ…

割とガチで色即是空

真剣な話結構もう人生のすべてを投げ捨てたくなりますが、そういう時こそ普通ではない事を考えるべきでしょう。 今日の目次「忘れるべき一秒」「陽炎の庭を歩け」「汎用思考の際を探る脳殻へ」「欲望と金と投資」

ピザを食べて終える今年

思えばいつもそうなんですけど、どうしようもなく救いがない状態でストレスが溜まりに溜まって行った時、最後に救いになるのは文章をひたすら書く事だったりします。 結局何も変わらないっちゃ変わらないんですけど、2018年も思いついたことを思いつきで書い…

まずは愚痴と状況整理から

あんまり一つの事について長文を書きなぐろうにも、キーボードをUSB接続の大変な何かに変えてしまった為まだ慣れません。なので短編を打って慣れる作業から。 今日の目次・ノートパソコンのキーボードが機能不全に陥る会・読書メーター関連・音楽の趣味は変…

とりあえず今は魚介が食べたいです

7ヶ月経ちました。色々な事がありすぎて自分の意識がハングアップしていたためしばらく何も考えていませんでした。以下近況報告から。

黎明の墓標

そして愚者は大気の塵へ還り、意味の砂漠へ去ってゆく。 www.youtube.com

哲学:意味の生き方と快楽の生き方

夜中考えていて眠れなくなった事第二弾です。 世の中には「一つの事に集中する」という生き方と「色々な事を経験する」という生き方の二者があります。よく若いうちは色々な事を経験して、大人になってからは一つの事に集中しろ、なんて言いますが、一体全体…

身体を動かす方法(枯渇してる人向け)

本当は「枯渇健康法」みたいに書こうかと思ったけど、健康を目指している訳では全くないのでやめました。 当ブログはブラック企業には断固反対ですが、現時点で「ブラックなもの」を全て日本社会から廃する事は不可能であると考えています。それは企業に限ら…

乾いた笑い声を上げる

いや、別にどうでもいいんですけどね。 研究室の先輩が書いていらっしゃるブログを見て、思わず乾いて引きつった笑い声が漏れてしまいました。普段寡黙で粛々と研究を進行しているその方の姿からは全く想像もつかないぐらい人生を楽しんでいらっしゃるんです…

専門性の限界点

よくウチの大学の人は専門的になります。と書くと最早何を言っているのか甚だ分からないですが、それ以外に言葉の書きようがありません。 世の中は「スペシャリスト」か「ネクシャリスト」のいずれかしか生き残っていけない世界になる、なんて言われています…