驟雨の標

東大院卒ド畜生が綴る、困った人の長話(記述言語版)

思索

dayworks: 2019/06/9-15:

鬼のような一週間であったと思います。何が何だか分からないうちにすべてが終わっていたというような印象が非常に強い。

雑感: 空へ歩き始めて

あまり大々的に書くことでもないので、さくっと。

dayworks: 2019/06/2-8:

月曜火曜でまた精神力を消耗し倒して大分遅くなりました。色々な意味で地獄になるとき、人はどう振舞うか。それでその人の本性がわかると言います。私の場合どうなったかというと、精神力を消耗しすぎて全ての速度が遅くなり、ミスも増えましたが、それでも…

dayworks: 2019/05/19-25:

文章を書いている暇が全然なくなってきて厳しくなってきました。

dayworks: 2019/05/12-18:

最近は休日ほど色々なイベントがてんこ盛りで中々寝ているわけにはいかない状況が多くて睡眠不足になります。そしてそれぐらい次から次へと色々な事をやっていると、明らかにアウトプットできるような思考量も少なくなるという事が分かります。人間の行動力…

dayworks: 2019/05/7-11:

週の前半は割と良かったけど、後半に行くに従ってGWで崩れた食生活のツケが回ってきて頭がぶち壊れて行った週でした。南無阿弥陀仏。

dayworks: 2019/04/28-5/6:

中々大変なGWだったような気がします。大分のんびりしていました。GW中は家族にメチャメチャうるさくされたり、説法しに行ったりとまとまって物事を考える時間が実際あまり無かったので、少々更新が遅れたけどまとめます。 GWだから何かゲームしようとしたけ…

dayworks: 2019/04/24-27:

普段私は恐ろしい程色んな事に悩み苦しむし、色んな事を心配するし、結果として色んな事を考え倒しています。しかし大半は忘却の彼方へ飛んで行ってしまって、記録するという事が殆どないのです。 大変勿体ないので、日記を書き始めました。ブログみたいにテ…

「間違った事を発言すること」と社会キャパシティ:3

ただでさえ退屈な仕事が、経営状況の行き詰まりによって急激にブラック化する。アベノミクスの終焉と共にそんな話は幾らでも出てくるでしょう。私の会社はその先駆けとなりそうです。朝から晩まで訳の分からない仕事に取組みパワハラも過激化、私も精神科医…

「間違った事を発言すること」と社会キャパシティ:2

平均帰宅時間23時になるまでお仕事頑張って、5ヶ月も耐えに耐えて頑張って進めたプロジェクトが経営陣のご立派な経営判断で水の泡になっちゃいました。こういう会社は一体何なんでしょうね。成果が出てないならまだしも、費用80%削減可能!という激烈な成果…

「間違った事を発言すること」と社会キャパシティ:1

新年早々の落合先生の炎上っぷりを見ていると、議論の中身よりもコミュニケーションの面白さに目が行きました。今回は新年早々バチクソにガチンコの私流コミュニケーション論、やります(案の定クソ長いのでまた幾つかに分割してお届けします)。 (肝心の落合…

2019年、基礎思想からの自己紹介

はいはい、あけましておめでとうございます。 そういえば長らく自己紹介らしきものをやってないなということに気が付いたので、新年なので改めて基礎的な自己紹介から始めようかと思います。大体全体的にさらっと。※この記事は後からちょこちょこ書き直した…

「普通じゃないこと」:思考技術とゆらぎモチーフ

世の中の人々は「人と違う事を考えるにはどうすればいいですか?」なんて意味不明極まりないテーマで悩んでいるとか言う話を聞くと、ちょっと笑ってしまいます。そもそもどうしてそんなに人と違う事の好むのでしょうね。今回は、私が私たる所以、私がキチガ…

意識は低く広く、流れるように:最終夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版の最後の短文です。 私は最初から最後まで意識高い系が嫌いですが、と言いつつも色々な人から「いや、お前の意識は死ぬほど高い」とよく言われます。自分が嫌いな物に自分がなっているというのは実際物凄…

意識は低く広く、流れるように:第三夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色んな事に同時並列で取り組んでいると「中途半端」になるのは実際問題として事実です。ですが、中途半端であることは実は何か一つの分野の事しか知らない事よりも遥かに強い事であると私は信…

意識は低く広く、流れるように:第二夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色々な物に興味を持ち続けるというのは、簡単なことにみえてとても難しい事です。それはこの日本社会においては「一つの物に取り組む」という事が社会的に推奨され、「複数の物事にたくさん取…

意識は低く広く、流れるように:第一夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版です。 …よく「どうしてそんな風に考える」と色んな人に言われます。ある人は驚きと称賛の入り交じった目でそう言いますが、別のある人は侮蔑の目を向けてそう言います。まあ当然っちゃ当然なんですが、…

ぜいたくの意味論

私も人間なので、欲望というものがあります。 よりおいしいものが食べたい、より広い家に住みたい、よりたくさん本が読みたい、よりのんびり生きていきたい。…まあつまるところ、より良い生を送りたくて仕方がないわけです。 特に今現在のようにブラック的労…

プロセス価値と結果価値

ブログ記事にアフィぐらい貼ったって今時怒られたりしないよとの事で、アフィを貼って書籍ほんの少しだけ紹介しながら自分の考え方を述べるという事をやってみようと思います。あまり書籍の宣伝ばっかしても面白くないので、宣伝とか書評をメインに据える記…

書簡集: 具体的限界について

声優関連の記事が大ヒットしたんだから声優関連記事をもっとブログに書こう、とは思いました、思いましたがろくに書く気が起きず、「声優関連で書かなければならぬ」みたいなことを考え始めたらもはや書く気が完全に起きなくなりました。 三週間過ぎました。…

私の見ていた世界

すごいなこれは。ちょっと流石に自分で笑ってしまった。就活でよくやったじゃないですか。「自分の人生を折れ線グラフで書き表してみてください」みたいな奴。アレを今やったらどういう感じになるんだろうと思ってやってみたら、中々エキセントリックなグラ…

言語速度の果て:第一篇: 言葉と画像の認知

最早言うまでもない事ですが、私の後輩は私よりも優秀です。学部時代、大学院時代の後輩たちは私のような愚者の偶像を軽々蹴とばし、自分自身の哲学や信念に沿って何かを成し遂げようとする行動力と意思力を持った人たちばかり。 そんな人々を後輩にする事が…

雑感: 届く範囲に

根本的に私はアホなので、目の届く範囲内にあるものしか理解できないし、覚えていられません。ただし目の届く範囲内にあるものについてはその機能、性質、構造に至るまで全てを理解して記憶しようとするので、「好きな分野だけ異常にこだわる偏執狂」みたい…

雑感: 伝えること、書くこと

細々とした日々の感情の中にも、記録しておくべき何物かが有るのではなかろうか…という考えで雑感を書いていくことにします。スマホから投稿できる程度にサクッとしたものを書く予定。 今回から始めてみましょう。今回は「伝えること、書くこと」について。

勉強の大切さ: 分裂した現実へ橋を掛けよう

それからGWは生活リズムを元に戻すための休息にしていました。はい、ブログの更新はその内まとめてバババと更新しようと思います。三交替中に考えていたことは山ほどあって、書きたいことも山ほどあるからです。 はい…。社会人として一年間を過ごしたわけで…

イメージと偏見で見る政治「支持政党はありません」

選挙シーズンにこういう記事を書いたら良いんですけど、それはそれで面倒くさい手合いに噛みつかれて腕が吹き飛びそうな気がするので避けます。 「えー、一応我が社は労働組合の関係上民主党支持という事で…」と上司に言われてから一ヶ月ぐらいで民主党が消…

割とガチで色即是空

真剣な話結構もう人生のすべてを投げ捨てたくなりますが、そういう時こそ普通ではない事を考えるべきでしょう。 今日の目次「忘れるべき一秒」「陽炎の庭を歩け」「汎用思考の際を探る脳殻へ」「欲望と金と投資」

弟論:ブログ論

弟は狂気の人物です。割と派手に弟と話します。話をした内容はその時々色々ですが、勉強になる内容がちょいちょいあるので書いてみても面白いかと思います。 ちょっと思う所があるので細切れにして書き出します。

ピザを食べて終える今年

思えばいつもそうなんですけど、どうしようもなく救いがない状態でストレスが溜まりに溜まって行った時、最後に救いになるのは文章をひたすら書く事だったりします。 結局何も変わらないっちゃ変わらないんですけど、2018年も思いついたことを思いつきで書い…

思想の破片集 1箱目

最近、他人に対してLINEのノートで色んな事を書いて色んな意見を貰ったり議論するという事にハマっています。物好きな人もいるもので、私が書きだすちゃんちゃらおかしい辻褄の合わない意見を面白がって読んでくれる人が割といるので、少しは救われた気分に…