驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)/晴れて今や東大院卒三交替会社員の名をほしいままに/一週間一回更新を目指したり目指さなかったり

プロセス価値と結果価値

ブログ記事にアフィぐらい貼ったって今時怒られたりしないよとの事で、アフィを貼って書籍ほんの少しだけ紹介しながら自分の考え方を述べるという事をやってみようと思います。あまり書籍の宣伝ばっかしても面白くないので、宣伝とか書評をメインに据える記事は別の記事に分けます。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

この本を読み始める直前ぐらいから考え始め、読んで以降私の頭の中で一つの形になった考え方についてです。ずっと考えていましたがそろそろ言語に著してみようと思います。

「お金」とはそれ単独で価値のあるものではないのに、どうして皆お金にバカみたいに執着するのか?お財布の中に百万ぐらい入ってれば天国に行けるのか?
そうではないでしょう。幸福になりたければお財布の中の百万円で美味しい物を食べたり、欲しい物を買ったり、高級風俗に行って綺麗な女の子とイチャイチャしたりしなければならないのです。お財布の中に一万円札という「ただの紙」が百枚も入っていた所で、そんなもんはそれ単独ではトイレットペーパーぐらいにしか使えないのです。

ここではそんな「プロセス価値」と「結果価値」の混乱についてです。

続きを読む

書簡集: 具体的限界について

声優関連の記事が大ヒットしたんだから声優関連記事をもっとブログに書こう、とは思いました、思いましたがろくに書く気が起きず、「声優関連で書かなければならぬ」みたいなことを考え始めたらもはや書く気が完全に起きなくなりました。

三週間過ぎました。

やはり言葉は自由であるべきです。自由じゃないとやる気も出ない。

 

ブログを書いていない間には一切文章を書いていなかったとかそういうことではなく、ブログがどん詰まりになった分、メールに色々な考えを書き連ねては色んな人に送って回っていました。送り先は主に親です。

ここではそんな謎のクソメールの数々を書簡集として転載します。より直感的に私の考えている事が現れるので、文章の内容としては普段のものに輪をかけて更にグダグダです。

※公開不可能な所は文言を差し替えたり削ったりしています。
※内容に間違いがあったとしても知ったこっちゃありません。

 

続きを読む

驚いた

うっほお私がクソみたいな自己紹介(笑)みたいな内容の記事を書いている間に声優関連の記事がバズっている…。

ありがとうございます。もう少し声優関連の記事を充実させてみようと思います。ありがとうございます。。。

私の見ていた世界

f:id:weaverbird:20180609214352p:plain

すごいなこれは。ちょっと流石に自分で笑ってしまった。
就活でよくやったじゃないですか。「自分の人生を折れ線グラフで書き表してみてください」みたいな奴。アレを今やったらどういう感じになるんだろうと思ってやってみたら、中々エキセントリックなグラフになりました。

「お前はどういう人生を歩んできたらそんなキチガイじみた人間になるんだ」とか「お前の周囲だけ次元が歪んどる」とか言われますが、そんな事言われたって困惑してしまいます。そこで今回は何がどう捻じれて壊れていったらこんな人間になるのか、という、私の身の上話を少々。

続きを読む

自分の見たアニメを整理する回:24

このブログを始める前まではFC2ブログを中学生の頃から学部二年生ぐらいの頃まで書いていました。FC2ブログは最早何が何だかさっぱり分からないぐらい操作性に難があり、アクセス解析的なものも付いていなかったため誰がいつ私のクソ長文にアクセスしてくれたのかも判然としませんでした。基本的にコメントらしいコメントを貰った事は無く、やがて中学の友人たちも「お前の文章は長すぎる」的なノリで離れて行きました。
あの頃は哲学書を読んでいたわけでもないのに、朝から晩まで自分なりの哲学を考えては毎日のようにブログに投げ続けていました。中学生は中学生なので、論理も破綻しまくりの超展開謎文章を大量に書きまくっていたのをよく覚えています。そんなもんが毎日投稿されるブログなんて、そりゃ誰も見ないわなあ。

アイキャッチ画像を指定する方法がやっとわかりました。

続きを読む

言語速度の果て:第一篇: 言葉と画像の認知

f:id:weaverbird:20180603134652p:plain最早言うまでもない事ですが、私の後輩は私よりも優秀です。学部時代、大学院時代の後輩たちは私のような愚者の偶像を軽々蹴とばし、自分自身の哲学や信念に沿って何かを成し遂げようとする行動力と意思力を持った人たちばかり。

そんな人々を後輩にする事ができたのは僥倖以外の何物でもない訳ですが、ある日彼らの中でも一番優秀な人物がふと言った事が未だに頭の中で響き続けています。

「脳内で思い浮かべた事を即座に言語化できるシステムがあればいいのに」
この言葉は私的には「概念」と「言語」の決定的な違いについて考える言葉であると思っています。概念を言語に翻訳するためには独特の翻訳センスが必要で、それが即ち言語力ないしは言語的思考能力と呼ばれる能力ではないかと考えています。

そういう事をトイレに座りながら考えていました。
「ものごとを言語化する」というのは誰しもが当たり前にやってる事ですが、実は結構困難で難しい事だと私自身は考えています。その例を示していく事で言語化する事の難しさを考えてみたいと思います。

続きを読む

自分の見たアニメを整理する回:23

暑くなってくると、身体から湯気が立ち上るようになります。そのせいで「歩く蒸気機関」とか言われます。身体を冷却する意図で濡れた服を濡れたまま着てみたりしますが、瞬く間に全ての水分が大量の汗で上書きされます。そしてやはり全身から物凄い湯気が立ち上って行きます。

そんな調子で生きているせいか、いつまで経っても体重が増えません。アホみたいに食い続けているのに、瞬く間に体重が落ちていくので、そろそろ何かの病気なのではないかと疑い始めている頃合いです。

続きを読む