驟雨の標

困った人の長話(記述言語版)/晴れて今や東大院卒三交替会社員の名をほしいままに

「間違った事を発言すること」と社会キャパシティ:2

平均帰宅時間23時になるまでお仕事頑張って、5ヶ月も耐えに耐えて頑張って進めたプロジェクトが経営陣のご立派な経営判断で水の泡になっちゃいました。こういう会社は一体何なんでしょうね。成果が出てないならまだしも、費用80%削減可能!という激烈な成果…

残骸ファンタジー置き場、その三

思いのほか段々小説が回り始めてきたので自分でも面白くなっていますが、あまり拙速が過ぎるとプロットが爆発炎上してしまうのでここらでちょっと練り直しを兼ねながら考えてみようというお話です。 今回以降しばらくこの創作小説論シリーズでは、「自分の言…

「間違った事を発言すること」と社会キャパシティ:1

新年早々の落合先生の炎上っぷりを見ていると、議論の中身よりもコミュニケーションの面白さに目が行きました。今回は新年早々バチクソにガチンコの私流コミュニケーション論、やります(案の定クソ長いのでまた幾つかに分割してお届けします)。 (肝心の落合…

2019年、基礎思想からの自己紹介

はいはい、あけましておめでとうございます。 そういえば長らく自己紹介らしきものをやってないなということに気が付いたので、新年なので改めて基礎的な自己紹介から始めようかと思います。大体全体的にさらっと。※この記事は後からちょこちょこ書き直した…

残骸ファンタジー置き場、その二

落合陽一の「逐次的物語の中を生きろ」みたいな話を読んで、しばらくは自分の人生の事ばっかり考えていました。その中で得られたものは色々と多かったので、その内落合陽一書評まとめみたいな記事を書こうかとは思います。 今回は全然違う話。「逐次的物語」…

オタクっぽくないアニソン・第三集

相変わらずどうも上手くいきませんね。ブラック企業というか危険環境企業である我が社で仕事していたら、両足に80℃の熱湯が掛かって靴下に染み込み、大火傷で足の甲の皮膚がでろーんでろーんこんでろーんになってしまいました。身体に物理的痛みがあるとあら…

オタクっぽくないアニソン・第二集

オタクっぽくない日本人アーティストの曲です(必ずしも日本語とは言ってません)。 相変わらずこういうのは歌うのが難しいので中々大変な思いをします。

ブログ大改装

カード表示にした方がブログは見やすいよとか目次を作った方がいいよとかいう話をずっと考えてはいましたが、ロクに手を付けないままここまで来ていました。本日は16~24時勤務とかいうクソみたいな変則勤務のため、昼間の内にブログをはてブロProへアップグ…

Index

それっぽい記事について目次化して置いておきます。 声優話独断と偏見の塊による、声豚による声豚のための入門分類独断と偏見の塊による、声豚による声豚のための入門分類:女性声優編5 「リアル底冷え」 - 驟雨の標独断と偏見の塊による、声豚による声豚のた…

オタクっぽくないアニソン・第一集

カラオケでアニソンを歌いたいんですよ。アニメオタクならアニソンの一つぐらい歌ったって良いでしょう? けれども死ぬほど生きづらい日本社会、オタクとは徐々に差別用語となり、オタクに人権はないと言わんばかりにオタク迫害的な言説が広がっています。も…

「普通じゃないこと」:思考技術とゆらぎモチーフ

いやー26時まで仕事とかしてると最早思考の種の一つも思いつかなくなりますね。ブラック企業勤務はさっさと辞めたい。最近やっと転職できそうな気配だけ出てきたので、チャンスを逃さないようにしたい所です。というわけでやっとの思いで久々更新。 世の中の…

意識は低く広く、流れるように:最終夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版の最後の短文です。 私は最初から最後まで意識高い系が嫌いですが、と言いつつも色々な人から「いや、お前の意識は死ぬほど高い」とよく言われます。自分が嫌いな物に自分がなっているというのは実際物凄…

意識は低く広く、流れるように:第三夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色んな事に同時並列で取り組んでいると「中途半端」になるのは実際問題として事実です。ですが、中途半端であることは実は何か一つの分野の事しか知らない事よりも遥かに強い事であると私は信…

意識は低く広く、流れるように:第二夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版続きです。 色々な物に興味を持ち続けるというのは、簡単なことにみえてとても難しい事です。それはこの日本社会においては「一つの物に取り組む」という事が社会的に推奨され、「複数の物事にたくさん取…

意識は低く広く、流れるように:第一夜

私が何を考えて物事を見ているのかについて。2018年版です。 …よく「どうしてそんな風に考える」と色んな人に言われます。ある人は驚きと称賛の入り交じった目でそう言いますが、別のある人は侮蔑の目を向けてそう言います。まあ当然っちゃ当然なんですが、…